画像診断センターの特徴


 当院では、1.5テスラのMRI、マルチスライスCT、フルデジタルX線TV、一般撮影装置、乳房撮影装置、骨密度装置を備え、患者様が安心して検査を受けられるよう日々努力しております。またフィルムレス化を推進する為、画像はデジタル化し、専用サーバに全ての画像を中央保存しており、必要な時に院内ネットワークを通じて任意の場所(外来・手術室・病棟等)でモニターによる画像の閲覧が可能となりました。このシステムによりフィルムの現像時間・撮影後のフィルム待ち時間が短縮され、検査後すぐに診療にて画像を見ることができます。
 MRI、CT検査の結果は、遠隔画像診断支援サービスを活用しており、経験豊富な放射線科専門医が詳細かつ精度の高い読影を行います。診断結果の迅速な報告により、患者様に大きな安心感をご提供いたします。また、医療機器の有効活用と診診連携を推進して地域医療に役立つよう、開業医の先生からの紹介患者の方々が遠隔画像読影支援サービス
をご利用いただけるようになっています。
 これからも進歩し続ける放射線技術をいち早く取り入れ、日々の業務に生かせるようこころがけてまいります。