熟練した手術スタッフ、
最先端の手術機器を駆使した
「低侵襲手術センター」


熟練した手術スタッフ、最先端の手術機器を配備し、5つの手術室、50床の入院ベッド、15床の日帰り手術用回復ベッドなどで構成される低侵襲外科手術センターです。手術室のひとつは腹腔鏡下手術専用の手術室で、広く、近代的なレイアウトになっています。皆様が快適な入院生活を過ごせるように入院用の病室(50部屋)で、シャワー、トイレ、インターネット用LAN回線などを完備しています。


低侵襲優しい手術とは
一般的には最小侵襲手術と呼ばれ、最近ではすべての外科領域で行われている手術方法です。内視鏡やレーザー装置などの最先端医療機器を駆使して行う、傷の小さな、痛みの少ない手術のことです。また、白内障や網膜の病気などに対して、細径内視鏡など種々の最新医療機器を用いた日帰り手術もからだに優しい手術といえます。医療技術の発達により、今まで長期間の入院が必要だった多くの手術が、日帰り、または短期間の入院で治すことが出来るようになりました。このため、身体の弱いお年寄りの方や、仕事が忙しくて長い休みが取れない方々には大変喜ばれています。
しかし、この様な新しい手術を安全に行うためには医師、看護師などのスタッフが高度な技術を身につけている必要がありますし、最新の高性能医療機器を整備する必要があります。当院では最新医療機器を完備し、熟練した医師、看護師が日々修練を怠らず、責任を持って、からだに優しい手術に取り組んでいます。
以下、各診療科の特長と得意とする主な術式について紹介します。


低侵襲手術センターのメリット
腹腔鏡下での手術のためキズが小さい(低侵襲)
身体への負担を最小限に留めます
術後の疼痛緩和
短期入院(適応症によっては日帰りも可)により
早期社会復帰と精神的負担の軽減
入院日数の短縮による経済的負担の軽減

■受付


■待合ロビー


■リカバリー室


手術の映像をご家族に公開します
からだに優しい手術センター内にはモニタールームを設け患者さまの同意のもとに、手術中の映像をご家族に公開させていただきます。
また、ロビールームも完備しご家族への配慮にも気配りさせて頂いております。

■5つの手術室ロビー

■手術室

■手術室

■手術室

各診療科の特徴と得意とする主な術式

泌尿器科・腎臓内科

【主な手術】
副腎、腎、腎盂・尿管、膀胱腫瘍に対する腹腔鏡下手術
前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺全摘除術
前立腺肥大症に対するグリーンライトレーザーを用いた経尿道的色素選択性前立腺レーザー焼灼術
その他、一般泌尿器科手術にも対応します。

【特長】
低侵襲手術センター・泌尿器科・腎臓科の特長は、腹腔鏡下手術やレーザー手術といった侵襲が少なく入院期間が短い、からだに優しい手術にあります。副腎腫瘍や腎癌、腎盂癌、前立腺癌などに対する腹腔鏡下手術は、従来の開放手術に比べて入院期間が大幅に短縮されます。前立腺肥大症に対するグリーンライトレーザーを用いた内視鏡手術は、近年欧米で急速に普及しつつあるレーザー治療です。当院では、改良型のグレードアップされたグリーンライトレーザー機器を導入します。治療効果も従来の経尿道的電気切除術と同等の成績が得られています。前立腺癌の疑いのある患者さんに対するエコー下前立腺針生検も1泊入院で行います。土曜日の朝に入院・手術を行い、日曜日に退院出来ますので、月曜日から仕事に復帰出来ます。


眼科

【主な手術】
白内障手術
黄斑疾患(黄斑上膜、黄斑円孔)に対する硝子体手術
網膜剥離に対する手術
糖尿病網膜症に対する硝子体手術
緑内障に対する手術

【特長】
眼科の手術はより小さな傷口から手術できるように器具が進歩してきています。白内障手術では以前は10ミリ以上切開していたものが、3ミリ以下の切開で手術できるようになってきました。また硝子体手術用の器具もより細くなって直径約0.5ミリのものが使えるようになってきています。低侵襲手術センター・眼科ではこれらの最先端の器具を用いて、高い技術を持った眼科専門医が手術を行います。小さな傷口の手術は侵襲が少なく、手術後早く社会復帰が可能な、からだに優しい手術です。すべての方とは限りませんが、白内障は日帰り手術も可能です。しかし希望により、入院も可能です。硝子体手術や緑内障手術は基本的に入院手術となります。

外科(上部消化器)

【主な手術】
胆石症に対するに腹腔鏡下手術
早期胃癌に対する内視鏡下切除手術
胃癌に対する腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術
急性虫垂炎や消化管穿孔といった緊急手術に対する腹腔鏡下手術
その他、上部消化器外科・開腹手術にも対応します。

【特長】
現在、腹腔鏡下手術は胆石症や鼠径ヘルニア、急性虫垂炎といった良性疾患から、早期消化器癌に対しても、根治性を損なうことなく、からだに侵襲の少ない、からだに優しい手術として広く取り入れられています。そこで、低侵襲手術センター・外科・消化器科では内視鏡手術や腹腔鏡下手術といった侵襲が少なく入院期間が短い、からだに優しい手術を、専門の高い技術を持つ外科医により積極的に行います。


外科(下部消化器)

【主な手術】
大腸粘膜内癌やポリープに対する内視鏡切除術
大腸癌に対する腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術
鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術、クーゲル手術
痔核に対するICG色素併用半導体レーザー手術
ジオン注による内痔核硬化療法
その他、下部消化器外科・開腹手術にも対応します。

【特長】
近年、大腸癌が急速に増加していますが、早期発見すればそれ程恐い癌ではありません。前癌病変の腺腫性ポリープか、粘膜内に限局した癌の段階であれば、内視鏡で切除することが可能です。深層に達している癌でも腹腔鏡補助下手術で完全に摘出することが出来ます。また、鼠径ヘルニアに対しては、術後の疼痛が少なく、もっとも根治性が高い(再発する率が低い)腹腔鏡下ヘルニア修復術またはクーゲル手術を行います。
低侵襲手術センター・下部消化器外科では、この様な侵襲の少ない内視鏡を用いた手術に加え、ジオン注による内痔核硬化療法などを積極的に取り入れ、可能な限り侵襲の少ない、からだに優しい治療を行うよう心がけています。


整形外科・スポーツ整形外科・リハビリ科

【主な手術】
膝関節・肩関節・足関節等の関節鏡下手術  
低侵襲手技による人工股関節・人工膝関節置換手術・脛骨高位骨切り術
足部・足趾変形等に対する関節形成手術  
スポーツ障害等による筋・腱・靱帯機能再建手術  
その他、可能な限り骨折等の手術にも対応


【特長】
整形外科における“からだに優しい手術”とは、少ない侵襲で早期に機能回復を可能とするものです。スポーツ外傷に特に行うことの多い関節鏡下手術は関節を切開することなく関節内操作をおこない、膝関節前十字靭帯再建術等の手術では、術後機能回復を著しく早めております。また、従来から侵襲が高いとされる人工関節置換術も小切開、筋温存による低侵襲手技で行うことにより患者さまの満足度を高めております。これらのみでなく骨折手術におきましても、十分なインフォームドコンセントを得た上で、専門性の高い技術を持つスタッフにより、安全性の高い治療をおこなうことを心がけてまいります。