患者さんの権利と義務
「患者の権利に関するWMAリスボン宣言(世界医師会)」の精神のもとに患者さんの権利を遵守し、最良の医療を行います。また、医師及び医療従事者とのより良い人間関係を築けるよう、患者さんにもご協力をお願いします。



患者さんの権利
●プライバシーを保護される権利〉〉〉患者さんはプライバシーを保護される権利を有します。

●良質の医療を受ける権利、知る権利〉〉〉患者さんは人間愛に基づいた良質な医療を公平に受ける権利を有します。また、患者さんは、自分に行われた医療について、診療記録の開示や費用等そのすべてを知る権利を有します。

●選択の自由〉〉〉患者さんは、医師や病院を自由に選択する権利があります。医療のどの段階においても他医療機関の医師の意見を求める権利を有します。

●自己決定権〉〉〉患者さんは、自己決定を行う上で、十分な説明と情報提供を受け、自らの意思に基づいて、検査・治療などの医療行為を受ける事を承諾あるいは拒否する権利を有します。

●尊厳を得る権利〉〉〉患者さんは、いかなる状態にあっても人格を尊重され、医療提供者と相互協力のもとで医療を受ける権利を有します。


患者さんへのお願い
1. 自分自身の健康に関する情報はできる限り正確にお伝え下さい。
2. 医療スタッフの説明が良く理解できない場合は納得できるまでお尋ね下さい。どうしても納得できない場合は他の病院・他の医師に意見を求めることをお勧めします。
3. 医療の安全性を保ち、他の患者さんの安静を損なわないように病院の規定(禁煙、面会時間、消灯時間など)を守る義務があります。また、病気に関し病院職員の指示を守る義務があります。
4. 患者さんは他の患者さんと協調して入院生活をおくる義務があります。