外科・消化器外科・大腸外科・肛門外科・乳腺外科・血管外科

当院外科・消化器外科・大腸外科・肛門外科・乳腺外科の特徴

現在、腹腔鏡下手術は胆石症や鼠径ヘルニア、急性虫垂炎といった良性疾患から、早期消化器癌にたいしても、根治性を損なうことなく、からだに侵襲の少ない、からだに優しい手術、として広く取り入れられています。そこで、低侵襲手術センター・外科では内視鏡手術や腹腔鏡下手術といった侵襲が少なく入院期間が短い、からだに優しい手術を、専門の高い技術を持つ外科医により積極的に行います。また術後の入院は全室個室で行い、行き届いた管理の中で患者さまのからだだけでなく、こころにもやさしい治療を心がけてまいります。 また、他の診療科と同様に、画像診断センターで撮影したレントゲン画像データを遠隔画像診断支援サービスに送信することにより、正確な読影診断結果を短時間で知ることが出来ます。この診断結果報告にもとづいて的確な治療方針を立てることが出来ますので、遠隔画像診断支援サービスは日常診療に大変役立っています。

Placeholder image

待合室

Placeholder image

診察室

Placeholder image

マンモグラフィー


担当医師紹介

鳥山 裕史

(部長)

略歴

1984年 浜松医科大学卒業
1985年 社会保険浜松病院勤務
1986年 袋井市民病院勤務
1987年 浜松医科大学附属病院勤務
1990年 引佐赤十字病院外科部長
2000年 社会保険浜松病院外科部長
2009年 新都市病院外科部長就任

資格・公職

▪ 日本外科学会専門医
▪ マンモグラフィー読影認定医
▪ 身体障害者認定指定医師


上嶋 徳(かみしま めぐむ)

(内視鏡外科 部長)

略歴

 
 

2001年

昭和大学歯学部 卒業

2008年

岩手医科大学医学部 卒業
2010年 浜松医療センター 外科
2012年 菊川市立総合病院 外科
2013年 浜松医科大学 第2外科
2015年 岩手医科大学外科任期付き助教
2017年 浜松医科大学 第2外科 医員
2018年 浜松医科大学 第2外科 診療助教
2019年 浜松南病院 外科部長
2020年 新都市病院 内視鏡外科部長

資格・公職

・医師・歯科医師
・日本外科学会専門医  ・日本大腸肛門病学会専門医
・緩和ケア研修(PEACE)修了  ・外傷診療コース(JATEC)修了

野村 拓生(のむらたくお)

(血管外科外来 非常勤医師)

略歴

2003年 神戸大学医学部 卒業
2003年 神戸大学附属病院 心臓血管外科
2004年 済生会中津病院 心臓血管外科
2005年 淡路医療センター 心臓血管外科
2006年 六甲病院 外科
2007年 神戸大学附属病院 心臓血管外科
2010年 聖隷三方原病院 心臓血管外科
2019年 十全記念病院 循環器・血管外科 部長
新都市病院 血管外科 非常勤医師

資格・公職

▪外科専門医
▪心臓血管外科専門医
▪脈管専門医
▪下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医/指導医


夏目 佳代子(なつめ かよこ)

(血管外科外来 非常勤医師)

略歴

2010年 浜松医科大学医学部 卒業
2012年 浜松医療センター 心臓血管外科
2015年 浜松医科大学 第1外科
2018年 静岡赤十字病院 血管外科
2022年 新都市病院 血管外科 非常勤医師

資格・公職

▪日本外科学会専門医
▪心臓血管外科専門医
▪日本脈管学会脈管専門医
▪日本血管外科学会認定血管内治療医
▪血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
▪弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター


上部消化器の主な手術

  • 胆石症に対するに腹腔鏡下手術
  • 早期胃癌に対する内視鏡下切除手術
  • 胃癌に対する腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術
  • その他、上部消化器外科・開腹手術にも対応

特徴

現在、腹腔鏡下手術は胆石症や鼠径ヘルニアといった良性疾患から、早期消化器癌に対しても、根治性を損なうことなく、からだに侵襲の少ない、からだに優しい手術として広く取り入れられています。そこで、低侵襲手術センター・外科・消化器科では内視鏡手術や腹腔鏡下手術といった侵襲が少なく入院期間が短い、からだに優しい手術を、専門の高い技術を持つ外科医により積極的に行います。

下部消化器の主な手術

  • 大腸粘膜内癌やポリープに対する内視鏡切手術
  • 大腸癌に対する腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術
  • 鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術、クーゲル手術
  • 痔核に対するICG色素併用半導体レーザー手術
  • ジオン注による内痔核硬化療法
  • 急性虫垂炎や消化管穿孔といった緊急手術に対する腹腔鏡下手術
  • その他、下部消化器外科・開腹手術にも対応します

特徴

近年、大腸癌が急速に増加していますが、早期発見すればそれ程恐い癌ではありません。前癌病変の腺腫性ポリープか、粘膜内に限局した癌の段階であれば、内視鏡で切除することが可能です。深層に達している癌でも腹腔鏡補助下手術で完全に摘出することが出来ます。また、鼠径ヘルニアに対しては、術後の疼痛が少なく、もっとも根治性が高い(再発する率が低い)腹腔鏡下ヘルニア修復術またはクーゲル手術を行います。 低侵襲手術センター・下部消化器外科では、この様な侵襲の少ない内視鏡を用いた手術に加え、ジオン注による内痔核硬化療法などを積極的に取り入れ、可能な限り侵襲の少ない、からだに優しい治療を行うよう心がけています。



〒438-0078 静岡県磐田市中泉御殿703番地