眼科

当院眼科の特徴

当眼科は、患者様のプライバシーの保護を重視し、リラックスして検査を受けていただけるよう、各部屋を診察室、検査室(明室・暗室)、訓練室、眼底室、視野室、処置室、眼科機能検査室、レーザー室と細かく仕切り、各スペースを広く所有しております。

各部屋の検査機器では最新の医療機器を導入しており、スペースセービングビジョンチャート(1m視力表)、スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞)、TMS(角膜形状装置)、ポータブルERG(網膜電図)、パターンリバーサル刺激装置(視覚誘発電位)等、数多くの医療機器を用いた検査で眼の症状を把握し、角膜疾患、網膜疾患を早期発見、早期治療へと導きます。また現代人に多い疾患の代表といえる、皆様もご存じの糖尿病網膜症、緑内障、白内障をはじめとする眼疾患を、からだに優しい手術センターに設置されている最新の手術機器を用いて、無駄のない効率的な治療、予防を行います。

当眼科には、熟練した医師が診察、治療、手術を行います。そして眼科に携わる全ての検査、訓練を専門の視能訓練士が行います。眼の知識を習得したスタッフのみで構成されていますので、眼に対する疑問点、不安点等をお気軽にご相談ください。皆様に信頼と安心をご提供できますよう全力で取り組んでまいります。

Placeholder image

診察室

Placeholder image

待合室

Placeholder image

視力検査室

診察案内
<
 
午前 松本 松本松本 松本 松本 松本
永井 永井 永井 永井 永井 永井
 
午後予約手術予約手術予約


担当医師紹介

松本 貢一

(部長)

略歴

2002年名古屋市立大学医学部卒業
名古屋市立大学病院眼科入局
2003年浜松労災病院眼科勤務
2004年名古屋市立大学病院眼科入局
2005年協立十全病院眼科勤務
2006年新都市病院眼科医長就任

永井 博之

(副部長)

日本眼科学会認定眼科専門医  眼科PDT認定医

略歴

2007年浜松医科大学 医学部卒業
2008年浜松医科大学付属病院 臨床研修医
2009年名古屋市立大学病院眼科 シニアレジデント
2010年菰野厚生病院 眼科医師
2012年名古屋市立東部医療センター 眼科医師
2015年豊田厚生病院 眼科医長
2017年高山赤十字病院 眼科医長
2018年 三重北医療センター 菰野厚生病院アイセンター 副部長
2020年新都市病院 眼科副部長

 



〒438-0078 静岡県磐田市中泉御殿703番地