整形外科・スポーツ外来・人工関節センター

当院整形外科・スポーツ外来・人工関節センターの特徴

整形外科は、運動器疾患、すなわち骨・関節・筋・神経系の疾患を診療対象としています。また、近年、スポーツ愛好者も多く、スポーツ外傷・障害も増加しています。当科が対象とする疾患は多岐にわたりますが、外科的治療においては関節外科中心に専門医が今まで経験してきた知識と技術、最新の医学的知識を常に取り入れ、地域住民の皆様の健康に寄与していくことをお約束いたします。 当院ではリハビリテーションセンターも併設し、熱心な理学療法士がリハビリを行います。また磐田市立総合病院、十全記念病院とも連携、協力して手術的治療、リハビリテーションを含めた治療に取り組んでまいります。また、他科同様に画像診断センターで撮影したレントゲン画像データを遠隔画像診断支援サービス「ホスピネット」と提携し正確な読影診断結果を参照しながら診療しております。

Placeholder image

待合室

Placeholder image

診察室

Placeholder image

施術

担当医師紹介

坂田 悟

(院長)

略歴

1991年 浜松医科大学医学部卒業
  浜松医科大学医学部附属病院研修医
1996年 遠州総合病院勤務
1997年 浜松医科大学にて医学博士号取得
1999年 浜松リハビリテーション病院勤務
2004年 磐田市立総合病院整形外科科長就任
2010年 新都市病院副院長就任

資格・公職

▪ 医学博士
▪ 日本整形外科学会 専門医・スポーツ認定医
▪ 日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
▪ 本体育協会公認 スポーツ医


山本 和史

(整形外科 部長)

略歴

2001年 浜松医科大学付属病院勤務
2002年 町立浜岡総合病院勤務
2003年 共立菊川総合病院勤務
2004年 磐田市立総合病院勤務
2006年 浜松医科大学付属病院勤務
2010年 浜松医科大学大学院修了
2011年 JA静岡厚生連遠州病院勤務
2015年 総合青山病院勤務
2016年 新都市病院整形外科部長

資格・公職

▪ 医学博士
▪ 日本整形外科学会 専門医・スポーツ認定医


北澤 晃

(リハビリテーション科 部長)

略歴

1992年 浜松医科大学附属病院勤務
1994年 磐田市立総合病院勤務
1995年 国立浜松病院勤務
1996年 協立十全病院勤務
1998年 整形外科専門医取得
1999年 遠州総合病院勤務
2000年 富士宮市立病院勤務
2001年 天竜病院勤務
2006年 富士宮市立病院勤務
2009年 新都市病院リハビリテーション科部長就任

資格・公職

▪ 日本整形外科学会 専門医
▪ 日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医


主な手術

  • 膝関節・肩関節・足関節等の関節鏡下手
  • 低侵襲手技による人工股関節・人工膝関節置換手術・脛骨高位骨切り術
  • 足部・足趾変形等に対する関節形成手術
  • スポーツ障害等による筋・腱・靱帯機能再建手術
  • その他、可能な限り骨折等の手術にも対応

特徴

整形外科における“からだに優しい手術”とは、少ない侵襲で早期に機能回復を可能とするものです。スポーツ外傷に特に行うことの多い関節鏡下手術は関節を切開することなく関節内操作をおこない、膝関節前十字靭帯再建術等の手術では、術後機能回復を著しく早めております。また、従来から侵襲が高いとされる人工関節置換術も小切開、筋温存による低侵襲手技で行うことにより患者さまの満足度を高めております。これらのみでなく骨折手術におきましても、十分なインフォームドコンセントを得た上で、専門性の高い技術を持つスタッフにより、安全性の高い治療をおこなうことを心がけてまいります。



〒438-0078 静岡県磐田市中泉御殿703番地