3

新都市病院 看護部

dialysis1

患者様に笑顔で心温まる看護を

看護部

磐田市内で急性期病院としての役割を果たせるよう、専門的知識・技術を基に患者さんに笑顔で心温まる看護を大切にしています。 超少子高齢化社会を迎えるなか、住み慣れた地域で自分らしい暮らしと人生を送り 続けることができるよう役に立ちたいと考えています。 私たち、急性期医療を担う立場の看護師として患者さんに寄リ沿い、患者さんの目線に立ち、手術・検査・処置が安心して受けられるように外来と病棟の継続看護を大切にしています。 わかりやすい説明、一人ひとりに向き合う姿勢を大切にし、不安と感じられる内容を伺い患者やご家族をサポートしてまいります。

■看護部理念
来院される皆様に質の高い看護を提供します。


■看護部方針
1. 根拠に基づいた、安全で安心な看護を他職種との連携によって めざします。  
Ⅱ. 生命と人間性を尊重し、誠意をもって接します。  
Ⅲ. 専門職として日々研鑽に励みます。

■看護部紹介
看護部では主体的に行動できる人材育成の取り組みの一つとして、クリニ カルラダーを軸とした教育研修プログラムを作成しています。 臨床に必要な基礎知識・技術を段階的に習得しステップアップを目指します。 来院される皆様に対して、やりがいをもって笑顔で仕事に取り組める体制に取り組んでいます。 日々の看護で大切にしていることは、患者さんの気持ちを大事にすることです。 入院される患者さんに対しては、手術前から在宅復帰に向けて切れ目のない看護を目指しています。また、定期的なカンファレンスで、細やかな情報から不安軽減に向けて一貫した支援体制や看護が提供できます。 自分自身で考え行動でき、相手の気持ちが感じられる感性を身につけ、患者 様の支援者として役に立ちたいと考えています。
看護部 部長 鈴木 良枝

先輩看護師からのメッセージ

  急性期の混合病棟で勤務して5年目になりました。 さまざまな診療科の患者さんが入院されており、幅広い年齢層の患者さんが治療を受けられる中で担当看護師として日々の看護に携わっています。 周術期の患者さんを中心として回復に向けた段階で退院支援が必要な患者さんに対しては、スタッフや他職種と連携し希望される生活に向けて日々取り組んでいます。退院に向けてリハビリや介護保険についてなど幅広い知識が必要となります。 就職した時は自分が命を預かる仕事への不安がありましたが、先輩方は 親切でとても相談しやすく、アドバイスを受けながら安心して看護を行うことができました。 手術治療を含め痛みの軽減を図りながら、自信をもって在宅へ元気に退院される姿は看護師になってよかったと強く感じています。 日々勉強を積み重ね患者さんへの看護をさらに深めていきたいです。
5年目看護師  山住 瑞希

dialysis1